スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不安と不安と期待と不安



 どーも 次郎で御座います。


 
 
 中学3年生から楽器を演奏するようになって約15年が経ちます・・




 15年もやっていると、ちょくちょく楽器を教えてほしいっていう依頼を受けます




 最近も依頼を受けました。高校で吹奏楽を教えている先生からの依頼です・・




 ドラムの女の子にカッコイイドラムを叩けるようにしてほしいとの依頼でした・・・




 レッスンは1回。制限時間は2時間・・・・・キビシー・・・・



 
 うまく教えれるべか・・・・



 音楽は、無数の解釈が沢山あるので、これが 正解!!ってのがありません



 私がカッコイイと考えている理論が、他の人が同じようにカッコイイと理解してくれるとは



 限りません。



 だから、教えながらいろんなカードを提案して、周囲の反応を見ながら方向性を決めていきます・・




 上品な感じカードとか・・・控え目なカードとか・・・ロックぽいカードとか・・・いろいろね




 方向性が決まれば、基本的なテクニックと音の構成の仕方を叩き方教えてレッスン終了です・・



 
 がんばります・・人に教えれる事は、すばらしい事ですのでがんばります



 もちろん演奏した音が全ての世界ですので、この人、口では良い事言ってるけど、演奏しょぼーい



 って言われないようにがんばります・・



 次郎でした~

   
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。